" /> " />
2022-02-26 20:53 | カテゴリ:ルージュレヴール
2021.11.30
社台ファーム
馬体重:488キロ
夜間放牧を継続しながら、ロンギ場でのドライビング、厩舎内での騎乗歩行など、馴致の最終段階まで進んでいます。とても真面目に取り組んでいて、力強い身のこなしを見せています。大柄で、腹袋がしっかりとした馬体、おっとりした気性と、母レッドリヴェールとは対照的な面も保持していますが、スピード能力の高さ、旺盛な勝負根性などはキチンと受け継いでいる印象を受けています。近々、調教コースでの乗り込みを開始する予定。運動強度を上げても、十分にこなせる準備は整っています。

2021.12.28
社台ファーム
馬体重:480キロ
気性に幼いところがあることも考慮しながら、本格的な調教に入るための準備を整えている段階です。現在はロンギ場におけるドライビング、トレッドミルを使用した運動などをおこなっています。運動を続けていることで、無駄な肉が取れ、馬体が引き締まってきました。また、歩きにも力強さが増すなど、確実な成長振りを示しています。スタッフたちと綿密なコミュニケーションを取っていることも功を奏し、馬房ではリラックスした様子で過ごせています。

2022.01.14
社台ファーム
馬体重:483キロ
放牧をおこないながら調教を重ねていて、現在は坂路でハロン17~18秒の時計を出しています。周回コースも併用しながらトレーニングを進めているのですが、ゆっくりとしたペースで乗り込んでいるときよりも、坂路を駆け上がるときの方が、集中して走れている印象があります。馬体のフォルムは、500キロ超で競馬をしていた父モーリス似。まだまだ成長する余地が大きく、期待も高い牝馬です。

2022.01.31
社台ファーム
馬体重:482キロ
放牧をしながら、ハロン17~18秒ペースの坂路調教、周回コースにおけるキャンターというメニューを継続しています。背中の感触が良く、柔らか味のある走りが出来ることがセールスポイント。前進気勢の強さも備えています。放牧の効果もあり、落ち着きをキープしている点も心強いところ。トレーニングを重ねてきたことで馬体が引き締まり、張りも良好。コンディションの良さも強調材料となっています。

2022.02.15
社台ファーム
馬体重:480キロ
放牧を継続しながら、ハロン17~18秒ペースの坂路調教、周回コースにおけるハッキングをおこなっています。力強く、スピード感に優れた走りが特徴。放牧効果でメンタル面が安定し、周回コースでも落ち着きを保ちながら、しっかりと走ることが出来ています。筋肉質で、逞しい馬体を持つ牝馬。身体面も確実な進化を示しています。心身のさらなる成長を促しながら、当面はじっくりと進めていく方針です。
2/7(月)にクラブから馬名が発表されまして、「ルージュレヴール 夢見る人(仏)。母名より連想」との事。残念ながら私の応募した馬名は採用されず…。とはいえ、いい馬名が付きました。ただ、東サラは過去の馬と似たような馬名が多いような気がするんだよなぁ(笑)気のせいかな!?
さて、馬名が決まり、次は入厩ですね。ここまで非常に順調に来てますし、パワフルな馬体は健在!この仔のポテンシャルがどれほどなのか、楽しみでなりません。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2022-01-09 19:14 | カテゴリ:フェアエールング

2021年12月24日(金)
マイネポリーヌの20は、ビッグレッドファーム明和で育成中。坂路で乗り込まれています。主任は「中間からラスト1ハロンを15秒でまとめるメニューに取り組んでいます。まだゆるさがあるためスッとは加速できず、反応はいまひとつです。反面、フットワークは大きく、これからしっかりしてくれば良くなってくるでしょう」と述べていました。

2021年12月2日(木)
マイネポリーヌの20は、ビッグレッドファーム明和で育成中。坂路で乗り込まれています。主任は「中間も順調ですね。負荷をかけながら馬体が増えているのはすごく良い傾向です。現状ではまだまだゆるさはありますが、そんな中でも背中の感触は良好ですね。今後の成長が楽しみです」と述べていました。
BRFスタッフ『BRF明和で順調に坂路調教中です。中間から週1、2回、終い重点でハロン15秒を切るくらいまでペースアップしています。まだ身体がゆるいので瞬時にペースアップできませんが、これからの変わり身が楽しみです

2021年11月19日(金)
マイネポリーヌの20は、ビッグレッドファーム明和で育成中。昼夜放牧を切り上げて、坂路での騎乗を再開しました。主任は「休んでいる間に、馬体はひと回り成長してたくましくなりました。乗り始めてからも順調で、動きも良くなっています。まもなく次のステップへ移行する予定。ラスト1ハロンを15秒のペースで伸ばすメニューに取り組んでいきます」と述べていました。
BRFスタッフ『マイネポリーヌの20はBRF明和で昼夜放牧を行いながら、坂路調教を進めています。順調に馬体も成長していて、先月よりも背が伸びたように感じます。調教での走りも軽やかで良い感じです。

2021年10月15日(金)
マイネポリーヌの20は、ビッグレッドファーム明和で育成中。順調に乗りこみが進み、休養に入ります。主任は「まだ少し頼りなく感じる走りですが、これから力をつけてくれば良い動きができそうです。背中の感触は上々ですので、今後の成長に期待したいですね。順調にメニューをこなしてきましたし、よいタイミングでひといきいれられます」と述べていました。
BRFスタッフ『マイネポリーヌの20は明和で昼夜放牧中です。順調に馴致を終え、坂路調教をこなしてひといきいれています。物覚えがとても良く、人間に対しても従順でとても可愛い女の子です。順調に成長していってほしいです。

2021年9月17日(金)
マイネポリーヌの20は、ビッグレッドファーム明和で育成中。馴致を行っています。主任は「母の仔は、気性面で少し難しいタイプが多かったのですが、本馬は今のところそんな様子はありません。むしろ素直な方で至って順調にメニューをこなしてきました。ここまで順調です。まもなく坂路での騎乗を始めていきます」と述べていました。

2021年8月20日(金)
マイネポリーヌの20は、ビッグレドファーム明和に滞在中。昼夜放牧を行っています。主任は「元気いっぱいで放牧地を駆け回る日々を送っています。体調が良好で毛ヅヤも上々ですね。まもなく馴致を開始する予定です」と述べていました。

2021年7月16日(金)
マイネポリーヌの20は、ビッグレドファーム明和に滞在中。昼夜放牧を行っています。主任は「馬体がきっちり成長してきています。良い意味で柔らかみのある体つきをしています。元気もあって順調です」と述べていました。

2021年6月24日(木)
■適性/デビュー時期: 芝中距離/普通
■スタッフから一言!:しっかりした骨格で、兄姉と比べてもなかなか立派な好馬体です。放牧地での動きは力強く、パワーを感じます。ストライドを伸ばして一完歩一完歩、脚を伸ばす競走馬になるでしょう。


新年明けましておめでとうございます。ここ数年一つも勝てない日々が続いていますが、今年こそは一つ、二つとレースでの勝利を期待しています。勝てないからといって、特別な事はしないし、勝ってるからといっても特別な事はしない、常にマイペース、マイルールを守って一口ライフを楽しむ。長年継続して守っている事が一口馬主を長年続けていられる秘訣だと思います。これからもこの趣味を楽しみたいので、今後も気楽にやっていこうと思います。現在の出資馬は東サラ2頭ラフィアン1頭。今年は出資したい馬がいたら新たに1~2頭出資を考えています。今年いい馬に巡り会えますように。そして、現出資馬全て勝ち上がれますように。ハッピーな年にしたいです。

 さて、マイネポリーヌ20は年末に名前が決まりました。『フェアエールング』ドイツ語で尊敬という意味のようです。私の案は採用されませんでしたが、よい馬名だと思います。今年北海道で会えるかなぁ!?
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2021-12-26 23:13 | カテゴリ:フェアエールング
 
通算23頭目の愛馬はラフィアンの一次募集馬マイネポリーヌ20牝(父ゴールドシップ 母父スペシャルウィーク)です。もう7月には出資確定していたんですが、なぜかこのタイミングで書くことに。ゴールドシップが種牡馬になり、しかもビッグレッドファームで繋養されたとなれば、どっかのタイミングでゴールドシップの仔に出資したいと思ってました。マイネポリーヌは父がスペシャルウィークなので、サンデー系の種馬は今まで縁がなかったんですが、初めてサンデー系としてゴールドシップを迎え入れ、いい意味で化けてくれないかなぁと思っています。今のところアクシデントなく順調に調整されているようなので、このまま成長を楽しみにしています。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2021-11-27 19:44 | カテゴリ:レッドリベリウス

2021.11.12
美浦:鹿戸雄一厩舎
北のダートコースを1周。
鹿戸調教師「昨日(木)の検疫で帰厩しました。初日ということで今日(金)は北のダートコースを1周のメニューを消化。落ち着きがあって、しっかりしたフォームで動けていたと思います。いい状態で戻ってきてくれましたね。これから追い切りを開始し、出走に向けてコンディションを整えていきたいと思います」
2021.11.17
美浦:鹿戸雄一厩舎
Aコースを半周後、ウッドチップコースで追い切り。
ウッド 85.5-69.8-54.6-39.4-12.1 馬なり
ヴィアメント馬なりの外1.1秒先行同入
鹿戸調教師「今日はウッドチップコースでリベリウスが先行して追い切りました。下ろしがけからいいリズムで、道中も折り合っていましたし、3~4コーナーでも手前をスムーズに替えていました。トモの踏み込みも以前より良くなった印象。最後までいい動きで、いい内容の追い切りだったと思います。仕上がりも早そうですね。ここ2戦はマイルを使ってきましたが、距離の融通も利きそうな感じがするため、来週の日曜東京4R(芝2000m)を使うことにしました。鞍上は東京で騎乗予定のムーア騎手にお願いしています」

2021.11.18
美浦:鹿戸雄一厩舎
北の角馬場で運動。
鹿戸調教師「追い切った翌日なので、今日は北の角馬場で軽めに乗って調整しました。運動中の脚運びはスムーズで、トモの入りなどもしっかりしていましたね。うるさい面は見せていませんし、飼い葉も与えた分は食べているように体調はいいですよ。来週のレースに向けて、このまましっかり乗り込んでいきたいと思います」

2021.11.24
美浦:鹿戸雄一厩舎
Aコースを半周後、ウッドチップコースで追い切り。
ウッド
レッドリベリウス 69.4-54.3-39.6-25.5-12.8 馬なり
スマートクレール 69.7-54.5-39.8-25.7-12.8 一杯
鹿戸調教師「今日はウッドチップコースでリベリウスが先行して追い切りました。下ろしがけから落ち着いていましたし、仕掛け所でもスッと反応してくれましたね。直線では一杯になった後ろの馬を見ながらになった分、時計は予定よりも遅くなったのですが、最後まで余力はちゃんとありました。息遣いも良化していて、コンディションは良好です。予定通り、今週の日曜東京4Rにムーア騎手で投票します」

2021.11.25
美浦:鹿戸雄一厩舎
舎飼。
鹿戸調教師「昨日(水)午後の馬体チェックでは歩様や脚元に異常はなかったのですが、今朝のチェック時に左前球節に浮腫みと熱感が見られました。馬房から出して歩様を確認したところ、常歩では気にならなかったのですが、ダクの速さで動かしてみると左前脚を着いた時に頭を上げて痛がる素振りを見せました。すぐに獣医師にも診てもらい、レントゲン検査もおこないましたが、幸い骨に異常はなく軽度の捻挫ではないかとの診断。レースを楽しみにしていた会員様には申し訳ありませんが、今週のレースは回避になります。この後はまず患部のケアを入念におこない、騎乗運動が再開できるところまでは厩舎に置いて、乗り出せるようになってからグロースフィールドに放牧に出す予定でいます」


これも一口あるある。最終追い切り後レッドリベリウス捻挫による出走回避。本来なら上記馬柱にレッドリべリウスの馬名があったんだけどなぁ。なかなか機会を得る事が出来ないムーア騎手の手綱さばきを楽しみにしていたんですが…。ただ、異変に気付かずレースで故障という最悪な事は回避出来たので良しとします。仕切り直しです!明日のジャパンカップデーは純粋に競馬を楽しみます。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2021-11-22 21:01 | カテゴリ:ルージュレヴール

2021.06.21
募集時測尺
【体重】437kg 【体高】150cm 【胸囲】171cm 【管囲】20.5cm

2021.08.31
社台ブルーグラスファーム(育成牧場・社台ファーム)
【体重】472㎏
夜間放牧をしながら、順調に初期馴致を進めています。ドライビング、背慣らし、厩舎内の通路を使った騎乗歩行まで終了し、ウォーキングマシンに入れての運動もおこなっています。小柄だった母レッドリヴェールとは対照的に、馬格があり、身体付き通りのパワフルな動きが持ち味。馬体面では、しっかりと背肉が付き、トモの張りが十分な点も、強力なセールスポイントとなっています。気性には母譲りの勝ち気な面がありますが、うるさいということはなく、人の指示にも素直に従ってくれます。

2021.09.30
社台ファーム
馬体重:480キロ
9月24日に社台ブルーグラスファームから本場へ移動してきました。移動前に夜間放牧と騎乗運動を続けてきたこともあり、馬格がありながらも、よく引き締まった、素晴らしい身体付きをしています。毛艶、馬体の張りも十分で、体調の良さが光っています。歩きは力強く、スムーズ。今後、馬場に入っての調教を重ねていけば、パワフルでスピード豊かな走りを見せてくれるはずです。レッドリヴェールの子供らしいピリッとした気性の持ち主ですが、人には従順で扱いやすい牝馬です。

2021.10.29
社台ファーム
馬体重:488キロ
夜間放牧を継続しながら、じっくりと馴致を進めています。馴致が終了次第、馬場入りすることになりますが、時間を掛けて準備を進めてきた分、すぐに本格的な運動が出来ると見ています。胸部、トモの厚みが象徴的ですが、牝馬にしては馬格があり、動きもパワフル。父モーリスを彷彿とさせる、力強いスピードが武器となりそうです。まだ幼さも残していますが、素直で扱いやすいタイプ。母レッドリヴェールから受け継ぐ前向きさもあり、今後の成長が本当に楽しみです。



レッドリヴェール20は順調で言うこと無しですね。このまま頓挫なく調整を進めていって欲しいと願います。

さて、牧場見学が先日解禁されましたが、うま~く見学者数増やさないように規制が掛ってますねぇ。「同伴者は同居中のご家族のみとさせて頂きます。会員様同士のグループやご友人同伴の見学はご遠慮下さい。」この文言だけで相当数の見学者数を抑えられますからね。私も抑えらる一人でもありますし(笑)まぁ、いざとなったら一人で乗り込むと思いますが、やはり馬友とお互いの出資馬を見て、触れてが楽しいですから、来年の春の出資馬入厩前には解禁して欲しいです。「会員、友人など2~3名まで」とかね。牧場関係者及びクラブ関係者の方々、何卒よろしくお願い致します。私は馬産地での愛馬との触れ合いや口取りを楽しみに20年以上も一口会員やってるので(笑)
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)